住宅ローン早期返済のために

繰り上げ返済の注意点とよい点

住宅ローンを一刻も早く賢く下げるには、預金・貯金がある程度貯まったときや 夏冬のボーナス(賞与)をもらうときなど、まとまったお金が入ったときに、まとめて、少しでも多く、前倒しで支払う繰上げ返済を行うのが良い方法の一つです。

繰上げ返済を目的として、まとまったお金を返済するメリットは、毎月の返済額や総支払額を下げたり、返済期間を短くすることができることです。それによって、利息なども下がってきたりしますので、いいことがありますよ。

複数の金利の住宅ローンを組んでいる場合には、金利の高い住宅ローンから または 返済期間の長い住宅ローンから繰り上げ返済を行なっていきます。住宅ローンの返済額は、元金と利子の合計です。繰上げ返済は、元金を早めに返済するため、利子を減らすことが出来るのです。貯蓄をするのと繰上げ返済をするのとでは、どちらが良いでしょうか?事前にシュミレートしておきしょう。

金利面を比較して見た場合、一般的な貯蓄商品と住宅ローンとでは、住宅ローンの方が金利が高くなっています。資産運用を行なって借入れ金額より、高い利回りを得ている場合を除いて、繰上げ返済をした方が得な場合が多いです。繰上げ返済の申し込みのときには、毎回の返済額の減額か、期間の短縮か、のどちらかを選ぶことになります。今後の予定を考えて選択しましょう。

その他注意点として、繰上げ返済には、手数料と一回の繰上げ返済最低額が設定されています。事前に金融機関に相談しておきましょう。

住宅ローン早期返済のために

繰り上げ返済のメリット

住宅ローンを賢く下げるには、貯金がある程度貯まったりときや まとまったお金が入ったときに、前倒しで支払う繰上げ返済を行うのが良い方法の一つです。

まとまったお金を返済する繰上げ返済を行なうメリットは、毎月の返済額や総支払額を下げたり、返済期間を短くすることができることです。繰上げ返済を実施するにもポイントがあります。

金利の違う住宅ローンを利用している場合には、まず金利の高い住宅ローンから、返済期間の長い住宅ローンから繰り上げ返済を行なっていくことです。住宅ローンの返済額は、元金と利子の合計額で決まってきます。繰上げ返済は、元金を早めに返済することです。そうすることによって、利子を減らすことになります。

繰上げ返済と貯蓄に励むのとでは、どちらが得でしょうか?金利からみると、一般の貯蓄商品と住宅ローンでは、住宅ローンの方が金利が高くなっています。高い利率で資産運用できている場合を除いて、繰上げ返済を優先した方が得です。繰上げ返済の申し込みのときの注意点としては、毎回の返済額の減額をするか?期間の短縮をするか?のどちらかを決めておくことです。

貯蓄を使うわけですので今後の予定を考えて決めましょう。その他、繰上げ返済をするには手数料がかかること、一回の繰上げ返済最低額が決められていることがあります。繰り上げ返済を実施する前に金融機関に相談しておくことをオススメしておきます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。